« 12月16日のトレーニング | トップページ | 12月25日のトレーニング »

2010年12月22日 (水)

忘年会議2010に行ってきました。

岡山の今年最後のビッグイベントである、忘年会議2010に行ってきました。
今回は昼間に開催されたオープンラボ岡山にSeasar2やSlim3の開発者のひがやすをさんに
来ていただいていたので、どうしても参加したかったのですが、
残念ながら納品時のトラブルがあり、皆勤賞を逃し、ひがさんのお話も
聞くことはできませんでした。

ということで、オープンラボ岡山へのこだわりも少し減らせそうな感じがします。
あとは中国GTUGだけですね!

さて、忘年会議2010のことになりますが、最初にオープンセミナーの
各地の実行委員長へのねぎらいと2011年のオープンセミナーの開催時期、
実行委員長の選定などいろいろやられていました。

で、2010年のオープンセミナー@岡山の実行委員長は実は私だったのですが、
早々と交代してしまったので、私がねぎらいの言葉を受けることがありません
でしたが、せっかくなので、ここでオープンセミナー2010@岡山の事について
語っておこうと思います。

今年のオープンセミナー@岡山は
西日本の素晴らしい技術者に来ていただいたこともあって、
2009の時の倍以上の方(180名前後)に参加していただきました。
どの講師の方も期待以上の物を出していただいたので充実して、岡山の
勉強会の勢いをつけてくれたものだと思います。
そして、「岡山にはOSCは来ない」と言わせる程の情熱を
これからも育てていけたらと思っています。

ただ、今後のオープンセミナーへの不穏な空気を感じていて、
岡山はまだ大丈夫かな?と思っていますが、他の地域に関しては
危機感は感じています。敢えて言うと、愛媛と香川。
ただ、やっぱり味方の流出が絶えない気がします。
私も含めて。

両県とも、OSCを開催する可能性がある(香川は2/5)ようで、
そちらに力をそそぐという事のようですが、個人的には
そんなにOSCじゃないとだめなの?とは思いますけどね。
ただ、オープンセミナーがなくても良いということなら、それでも
いいのかもしれません。「冠」が違っても規模が大きければそれだけ
反響もあると思うので。
どうやるなら、せっかく西日本地域(関西以西)の独自の文化で
作ってきたものの方が良いような気がするんですけどね。

と、今後の不安を感じながらも実行委員長としての任を完了したので
個人的には一安心と言ったところです。

あとは、楽しい時間を過ごしたのですが、来ていただいた方に
ひと通り話をすることができず、残念な感じでした。

その後、2次会に参加して、ひがやすをさんと話をすることが
できたので、ちょっと満足しました。

これからは、自分が本当に興味のある勉強会を選択する事が
できそうなので、また違った勉強会への参加の仕方ができそうな
気がします。

今年の忘年会議は
「勉強会に行かなきゃいけない」から「勉強会に行きたいから行く」に
変わる瞬間でした。

|

« 12月16日のトレーニング | トップページ | 12月25日のトレーニング »

OSS活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50625/50365115

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会議2010に行ってきました。:

« 12月16日のトレーニング | トップページ | 12月25日のトレーニング »