« 8月2日のトレーニング | トップページ | 基礎からのASP.NETを読む(2) »

2010年8月 3日 (火)

基礎からのASP.NETを読む(1)

昨日(8/2)から基礎からのASP.NET SE必修! (SE必修!プログラマの種シリーズ)
読み始めました。

今更、ASP.NET2なのか?という事は、色々都合があって
これじゃないといけないのです。

今回はChapter1 Webアプリケーション概要を読みました。

まだASP.NETについての話題は出てこなかったのですが、
改めて、HTTPについての知識を整理する事ができました。

ポイントとしては、
・1回の往復(リクエスト、レスポンス)で完結する。
・複数回の往復で継続的な情報は保持されない。
・リクエストは必ずブラウザから始まる。
・GETはQueryStringも一緒にブックマークできて良いが、データ容量の制限がある。
・POSTはGETよりもデータサイズの上限がゆるいため大きいデータを送る事ができる。
・Webアプリケーションを作るときは、Webブラウザの種類も考慮した設計、実装が必要。
・企業内利用などの場合は、割り切り仕様にする場合もある。
 (利用するブラウザを限定することができるから?)

|

« 8月2日のトレーニング | トップページ | 基礎からのASP.NETを読む(2) »

ASP.NET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50625/49044158

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎からのASP.NETを読む(1):

« 8月2日のトレーニング | トップページ | 基礎からのASP.NETを読む(2) »