« 8月4日、5日のトレーニング | トップページ | 8月7日のトレーニング »

2010年8月 6日 (金)

基礎からのASP.NETを読む(3)

昨日も続いて、基礎からのASP.NET SE必修! (SE必修!プログラマの種シリーズ)を読みました。

今日は、ASP.NETのディレクトリ構造から、aspxファイルの構成、Pageオブジェクトの
プロパティについて、書かれていました。

以下、ポイント

ASP.NETのディレクトリには、以下のディレクトリがあるようです。


  • Bin(参照設定されたクラスライブラリのDLLがコピーされる)

  • App_code(Webアプリ内のクラスファイル)

  • App_GlobalResources(Webアプリ全体共通の.resx)

  • App_LocalResources(ページ固有の.resx)

  • App_WebResources(Webサービスを参照設定したときの.wsdl)

  • App_Data(WebPartsを利用した時のパーソナライズデータ)

  • App_Browsers(ブラウザの機能に関する情報)

  • Theme(UIの情報)

ファイルはHTML、JPEG、JSファイルと固有の物がある。


  • .NET Framework対応の言語で記述されたソースコード

  • ユーザとの対話的な処理のためのHTMLコードファイル

  • Webアプリの初期設定データや基本動作を定義するための構成ファイル

  • XMLドキュメントやスキーマファイル

aspxの構成要素には以下の物がある。
ディレクティブ
プログラムコード(コードビハインドの場合は.vbに分離される)
ページレイアウト

Shared変数はポストバックの影響を受けない。
ただし、ブラウザインスタンス毎の共有には使えない(全てで共有される)

Pageオブジェクトの主要なプロパティ
Request(HTTPリクエストで受け取ったデータ全般に対するアクセス)
Response(HTTPレスポンスへのデータ格納)
Server(HTTPリクエストを処理するための機能を提供)
Application(アプリケーション内でグローバルな状態管理)
Session(ユーザ毎のセッション内で閉じた状態管理)

と、本日はAndroidアプリの開発に1日費やしたため、明日から再開します。

|

« 8月4日、5日のトレーニング | トップページ | 8月7日のトレーニング »

ASP.NET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50625/49071338

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎からのASP.NETを読む(3):

« 8月4日、5日のトレーニング | トップページ | 8月7日のトレーニング »