« 第7回オープンラボ岡山+徳島オープンフォース勉強会に参加しました。 | トップページ | 3月22日のトレーニング »

2010年3月23日 (火)

ガベージコレクションのアルゴリズムと実装を読む(1日目)

ガベージコレクションのアルゴリズムと実装という本を昨日購入しました。

ということで、早速今日から読み進めようと思います。

今日読んだのは序章と1章です。
内容としては、GCが行う事、GCがある場合とない場合の違い、
「なぜGCなのか?」という疑問に対する記述など、
GC本を読むにあたり、最初の導入部分が書かれていました。

GCを理解して行くと、メモリの使い方を意識するようになるようです。
(確かに、C言語でプログラムを書く時と、Javaで書く時とでは、意識の仕方が違う気がします。)

1章では、GCを学ぶ前に必要な内容が書かれていました。
オブジェクト、ポインタ、ミューテータ、ヒープ領域。。。

生きている/死んでいるオブジェクトの違いなど。

何となく、ミューテータがアロケータに指示して確保したメモリを
GCが先頭から見て行って死んでたらオブジェクトを解放するというのを
繰り返すのかな?という理解をしました。

と、今日は「そんな事よりGCは面白い」というのが印象に残りました。

|

« 第7回オープンラボ岡山+徳島オープンフォース勉強会に参加しました。 | トップページ | 3月22日のトレーニング »

C言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50625/47888400

この記事へのトラックバック一覧です: ガベージコレクションのアルゴリズムと実装を読む(1日目):

« 第7回オープンラボ岡山+徳島オープンフォース勉強会に参加しました。 | トップページ | 3月22日のトレーニング »