« 住民基本台帳カードを取得しようと思います。 | トップページ | 年末年始は実家ではなく家にいることになりました。 »

2008年12月23日 (火)

Groovyをjavaで実行させる方法(java.exe編)

今日は午後からgroovyの本の読んだところまでのコードを実行させて動作を
確認していました。

で、groovyはJavaに比べてコードが書きやすいと改めて思いました。
ちょっとしたコードを書くならスクリプトのように記述しておけば動作するし、
コンパイルしてJavaのコードと連携する事も可能ですしね。

で、groovyはJava.exeで実行することも可能だったわけですが、
これに苦戦してしまいました。
(先にオチをいうとクラスパスの通し方などは本をしっかり読んでおけば書いてあったわけですが)

実行しても「java.lang.NoClassDefFoundError」がでて実行エラーがでてしまいました。
これだけなら、明らかにCLASSPATHの問題なのは分かっていましたが
CLASSPATHの通し方を忘れてしまっていました。
(これに加えてどのJARファイルを参照すればいいのかが分からなかった)

ということで、色々と苦戦した結果ですが、

JavaからのGroovyの実行方法
その1(クラスパスを指定して実行する場合+実行するクラスがカレントにある場合)
(Windows) java -cp %GROOVY_HOME\embeddable\groovy-all-1.5.7.jar;. hogehoge
(Linux) java -cp $GROOVY_HOME/embeddable/groovy-all-1.5.7.jar:. hogehoge
その2(CLASSPATH変数にセットしておく場合)
Windows
CLASSPATHに%GROOVY_HOME\embeddable\groovy-all-1.5.7.jarを追加してコマンドプロンプト再起動。
(詳しくないのですが、環境変数で%とか使えるのだろうか。私はフルパス指定しました)

Linuxは動作確認していないのでまた今度。

やっぱり基本は大切ですね。

|

« 住民基本台帳カードを取得しようと思います。 | トップページ | 年末年始は実家ではなく家にいることになりました。 »

Java」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50625/43506517

この記事へのトラックバック一覧です: Groovyをjavaで実行させる方法(java.exe編):

» コマンドプロンプト+環境変数-でつながるブログリング [blogring.org]
コマンドプロンプト+環境変数に関するブログをまとめています。 [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 07時59分

« 住民基本台帳カードを取得しようと思います。 | トップページ | 年末年始は実家ではなく家にいることになりました。 »