« twitterに登録してみました。 | トップページ | 今年の秋は「運動の秋」 »

2008年9月 4日 (木)

XPについて考えました。

XPっていうと「Windows XP」と思われるかもしれませんが、(もうそんな人はいないか)

eXtreme Programming(エクストリーム・プログラミング)

で、今回の業務は納期がすぐそこに迫っていて、とてもじゃないが、
設計→プログラミング→テストのウォーターフォール型での開発では、間に合わない。
(間に合わないと言うよりは、仕様が決まりきっていない状態も現時点ではあるわけですが)

で、ほぼ私一人での作業をしているため、(もうすぐ増員された人が本格的に動き始めるが)
コードが先に出来上がる状態ができてしまう。

ということで、せっかくだから、XPに挑戦してみようかなと思ってみました。
(他のメンバーはなかなかとっつきにくいみたいですけども)

個人的にはXPという手法は「理に適っている」と感じてます。
確かにウォーターフォール型が悪いとは思いませんが、
設計しているだけで全ての仕様が決められるとは思わないし、
結局そこから、「仕様変更」という名のフィードバックも入ってくる。
(実際にはウォーターフォールにも「フィードバック」という段階が実際にはあるみたいなんですけどね。
それが抜けている。)

で、「妄想」して設計書を作ってからプログラム。も悪くは無いですが、
どうやっても変更が発生するなら、動くものを作成してから動作を見て
具体的な設計をしていっても良いのでは?と思いました。

あ、ちなみに「修正した人が分からなくなる」という意見については、
この考え方はコードの責任はメンバー全員で負うという考え方があるため、
範囲がわからない。ではなく、気がついたら直す。という考え方になります。

|

« twitterに登録してみました。 | トップページ | 今年の秋は「運動の秋」 »

プロジェクト管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50625/42381140

この記事へのトラックバック一覧です: XPについて考えました。:

« twitterに登録してみました。 | トップページ | 今年の秋は「運動の秋」 »