« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

3月31日は退職の手続きがあるみたいです。

会社に呼び出されました。
3月31日の朝に行ってくる事になりました。

確かに会社に返すものがあるので呼び出されるだろうなとは思いましたが。。。
あ~、もう2度と行く事は無いと思ってたから気が重い…。

さて、実際の手続き上、返すものがあったり、もらうものがあったりします。

返却するものをとりあえず挙げると。。。
(言われたもの)
・社員証
・健康保険証

提出するものは、
(言われたもの)
・退職願(ただ、確実に間違ってると思うのは、すでに「フォーマットがある」そうです。
なので、私の場合は、印鑑と直筆のサインをしに行くようです。)

退職と引き換えにくれるもの。
(言われたもの)
・年金手帳
・離職票(これは発行してくださいとお願いした。すぐに就職するのなら意味が無い。)
(言われていないが確認が必要なもの)
・雇用保険被保険者証
・源泉徴収票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

次の業務はソケット通信

次の業務はまだ未定という状態ですが、技術的な面では「ソケット通信」という可能性が非常に強くなってきました。

今日もacceptで待ち受けるサーバ側サンプルアプリを作成しましたが、
以前に設計して教えてもらっていたノウハウをほぼ忘れている始末。。。

少しこの週末でC#2008か何かでソケット通信のプログラムを抑えておく必要が
ありそうです。

ブロッキング、ノンブロッキングについてもはちゃめちゃでした。
(1対1の通信から1対Nに変換する時にブロッキングモードのままで通信するつもりが
いつの間にかノンブロッキングのプログラムになっていました。)

何とか本日中には通信するようにはなりましたが、来週の月曜日は休みなので
また火曜日から再開することにして。。。

最近は特殊なプログラムが多いなと思った瞬間でありました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

4連休は勉強主体の日々

この4連休は情報処理技術者試験の勉強とRubyの勉強をしていました。

実際にはRubyを使ったシステムの開発が業務で出来ると(今の所は)思えないので
「超」先行投資になるかもしれませんが、やっていました。

個人的にはRubyのプログラミングはC、Java、VS系とは違ったプログラミングが
出来るのでは無いかと思っています。
今の所、times、upto、downto、stepの各イテレータを使った繰り返しメソッドは
今までの言語と違って、使いやすいような気がします。
(あと、なんとなく、わかりやすい)

と、頭脳面の知識を蓄えつつ、スポーツクラブにも行って体を鍛えています。
が、デメリットがあって、やりすぎると肉体的疲労により睡魔が襲ってきて、
思ったよりも睡眠時間が増えてしまいました。
この業界は運動をしないので、出来る限り運動をした方がいいと思います。

ちなみに、以下は私が入会しているスポーツクラブです。おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

今週は4連休なので…。

4連休と言う事で、しっかりと1日のスケジュールを立ててから行動をしてみました。

昨日は特にスケジュールを立てずに行動をしたので、はずしておいて、、、。

今日はスケジュールを立ててから行動をしました。
しかし、やっぱり(仕事でも同じ?)時間がずれたり、体力的な面で昼寝をしたり(会社ではやりませんが)
して思ったよりもスケジュールが狂ってしまいました。
なかなか難しいなと思いました。(やっぱりプライベートだから気が抜けているのかも?)

でも、時間は短いながらもやる事はやりましたよ。それは個人的には前に進んでいるかなと
思っています。

スケジュールを立てて動くと言うのはプライベートでも有効だなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

無駄を省く事について考えました。(その1)

日常業務に隠されたムダをとことん洗い出す

上記の記事は設計段階での話なので基本設計、詳細設計などの経験が少ないので
どうしても実装、テストでの無駄を省くと言う話になりますが…。

プロジェクトが終わった後になら大体思いつく「今思えば、あんな事しなくても良かったね…」的な事が
良くあると思いますが、全てが見えた後だから言えることはたくさんあるような気がします。
では、また次に新しいプロジェクトでそういう無駄というものが省けるかどうか考えてみると…。

多分、そんなに思うほど無駄って省けないんだろうなと思います。
逆にしっかりと時間が削減できる可能性もあるかもしれません。

私の場合は、つい昨年「苦い思い」をしました。それによりわかった事は、「いかに無駄な作業を省くか。」
ではなく、「いかに、手戻りの作業量を減らすか」では無いかと考えます。
やはり、システムを開発している時に、「動きが気に入らない」「ちょっとした仕様変更」
「不具合」なんていうのが多々発生すると思います。
と言うよりは、実際には設計段階では開発経験者でなければ、なかなかどういうものか
想像できると思えません。具体的な物が見えてきて初めて理解でき、意思を伝える事ができるように
なるのではないでしょうか。
家とか車の設計とは違うものですから、絵で見せることもできない。
(※画面設計書と言うものが存在するが、それを見せられてもやっぱりぱっとしないのが
私の経験です。全てが動いてから初めて話が始まるような気がします。)

そこで、仕様変更やら、不具合などは受け止める事を前提として考えたなら、
アジャイル開発は理に適っているのではないかと思います。
アジャイルで失敗する場合とは評価段階に入っても要望を受け入れたり、
ソースプログラムに変更コメントを入れたり…という事をするからコードの難読化が進んでしまうのかも
しれませんね。(昔はそれをしないと変更した場所がわからなかったから仕方が無いとして、
現時点ではいろんなバージョン管理システムが存在しているため、一気に作り直してしまえば
良いのです。変更点はいつでも取れるのですから)

さて、本題から逸れてしまいました。
では、どうやって手戻りの作業量を減らすか。
一番は「手戻りを作らない」これなら、0です。
それが無理だという事を前提にしたならば、処理の共通化。
メンバー間の意思疎通をしっかり取っておく事。

処理が共通化されていれば、修正部分が減ります。また、メンバー間の意思疎通をしっかり
取って、コードの理解も共有化しておけば、コピペでコードが分身していく可能性も減ります。
(私は昨年これで死にました:-))
それに加えて、「同じ処理を追加する時は共通関数化する。」といったルールを定めておく事。

あとは、コードレビューをしっかりする事。(これもコードの知識を共有化できるため
分身を防ぐ事が出来ます。)

これまでの内容からまとめると結局は「チーム内でしっかりコミュニケーションを取れ」
これに尽きるような気がします。

上記の事をしっかりしていれば、作業がかなり減るのではないかと推測します。
それを全くやっていなかったために失敗したのかも知れません。

これは(その1)としておきます。続きはまた次回へ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は4連休

今週は金曜日が有休奨励日のために4連休になる事がわかりました。
(というか、以前からわかっていましたが)

この4連休を有効に使いたい…と思っていますが、
今のところ何をするか思いついていません。

何をしようか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

読書会に行けなくなりました。

明日に控えた読書会だったのですが、

急遽、以前に開発したソフトが客先に導入されるという事で、
「事務所で待機」命令がでてしまいました。

1ヶ月ぐらい前から予約していたので非常に楽しみにしていたのですが、
いけなくなってしまって残念です。

なかなか、「コミュニティ活動」というのも難しいものですね。
インターネット上の情報を見ていると「業務中の活動もOK」といった話もよく聞きます。
(ただ、そういう人は、業務でも使われるようなオープンソースのフレームワーク作成者など
ですが。)

企業に属しているとどうしても売上につながるものをやらないといけません。
(至極当然のことですけどね。給料がもらえなくなるわけですから)
よって、業務都合と活動の時間がかぶってしまった場合は、業務優先になりますよね。。。
しかも、市場への導入となると余計にピリピリするものです。
(非常に品質が悪いソフトなので、導入すると何件かフィードバックされる。
どれも仕様変更…にもかかわらず、「さっさとやれ」…そういうのは大体後で一気にやるものなんじゃ…?)

と、愚痴っぽくなってしまいましたが、最近そういう事が積み重なって、
やる気が少し失せてます…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

私のプログラムは「普通の人にはわからない」

昨日までやっていた、Vistaでのサンプルアプリケーションの作成作業が終わって
納品時に中身の確認をしていた所…。

「これは普通の人ではわかりにくいですね」

少しショックを受けました。

単純にCOMコントロールのプロパティの内容を変数に代入して使っていただけなのに…。

そもそも、このコントロールはプロパティが配列データを返すようになっていて、
C#.NETで開発する時には、object型になってしまうため、配列にキャストする必要が
ありました。(VB.NETの場合はObject型配列でしたが)

いくらテストが大変だと言っても、「直すべき所を直さずに」無理矢理周りでカバーするなんていう
事をしているからそんな「不自然な」状態になるわけで。

オープンソースのプロジェクトの場合はどちらを直すかを正しく見極めてから改造に
入るから安定した良いソフトができるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

Visual C++ 2008を使おうと思ったものの

Visual C++ 2008を使ってみました。

と言っても、コンソールアプリケーションで「Hello World」を表示させただけなんですが。

Express EditionはMFCとATLは作成できないわけですが、2005の時よりも心なしか
作成できるプロジェクトが増えているような気がしますね。
(ちなみに、2005の時は、SDKを入れないとWin32アプリケーションが作成できなかった。)

少し気になったのが、Windowsフォームアプリケーションが簡単に作れるようになっている事です。
VB.NETやC#のようにフォームにぺたぺたと貼り付けてイベント駆動型のアプリケーションを
作成するようです。(Microsoftのサイトにサンプルが載っています)

今の仕事柄Microsoft一色に染まっているから少しは調べた方がいいのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

単体テストって…

最近、単体テストのチェックシート(要は仕様書)を作成しているのですが、
なかなかテスト項目を挙げていくのは大変だと思いました。

データのパターン、ロジックパターンをすべて網羅していく必要がありますが、
データパターンについては押さえるのが難しいですね。
というか、きりが無い…。
(特に、入力チェック。今まさに入力チェックの仕様書を作成しています)

最近では「xUnit」という自動テスト支援ツールも整いつつある中で、
だんだんと紙には残さない方向に向かっているのでしょうかね…。

そこで気になるのは、xUnitは技術者ならTestCaseがあればいいかもしれませんが、
ユーザとか評価部隊などの「素人」への資料はどうしているのでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近、ゲームセンターに行っています。

最近、週末にゲームセンターでゲームをしています。

麻雀格闘倶楽部
Quiz Magic Academy

どちらも、カードからユーザ認証を行って、(多分)サーバにプレイデータを保存しておき、
勝利する事で、ランクが上がっていくというものです。

麻雀格闘倶楽部はそのままですね。ボケ防止のために(?)麻雀をすることにしました。
いや、お金がかからずに長くプレイできそうだから…かも?

Quiz Magic Academyについてはクイズゲームなんですが、オンラインで人とクイズ対戦を
するというものです。結構、ジャンルは幅広いですね。

結構面白いのではまってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

時間がないといいながらも

いざ週末になってみると何をするか思い浮かんでいません。

とりあえず、3月14日のスケジュールを立てました。

個人事業主となるので、さすがに実印は必要だろうなとか考えていました。
そこで、実印を購入してそれらしく着飾ろうかなとか。

名刺も多分必要なんだろうな…と思ってたら調べた店で名刺も作れるそうです。

一旦やる気を充電してから…。にします。

TODOリスト管理ツールとか探してみようかな…。
一番はそれをしっかりとこなす事。なんですけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

スケジューリング能力が低いようです。

ふと思いましたが、目標が多すぎるのかスケジュールがうまくこなせていません。
(ちなみに、仕事で…ではなく、プライベートのもの)

1日24時間が短いな…と思いました。

ただ、それだけなんですけどね。

ノートに控えた調べたい事リストを挙げておきます。
・C++ 標準テンプレート
・nifty TimeLine
・C# RSS
・HYUNDAI 家電リサイクル法
・e-Tax
・コーディング規約
・メモリ解放について(C#の場合)
・MCP資格
・BugTracker.NET
・付加年金

そういえば、僕が使っているHYUNDAIのディスプレイはどうやって処分したらいいのだろうか…。
HYUNDAIって韓国の会社なのに日本の「家電リサイクル法」の引き取りなんてやってくれるのだろうか。
(購入したのはパソコン工房なんですけどね)

ブログに書きたい内容(単語だけ控えたけれども何を思ったか忘れたのでボツになるかも)
・ドキュメントの明文化
・ソースコード、コーディングスタイル

とりあえず、調べたい事がたくさんあるのに調査スケジュールがしっかり決まっていません。。。
スケジュール能力というよりは「やる気」の問題か:-P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »