« Ruby on Railsを使ってみました。 | トップページ | どうやら風邪をひいてしまいました »

2008年2月11日 (月)

PostgreSQLにクライアントPCから繋ぐのって変わったのね

以前から「ローカルからはつながるけれども、リモートからはつながらない」という現象が
ずっと続いていて、以前の日記に書いたようにWindowsにインストールをしてRuby on Railsを
動作させていました。

しかし気になっていたので、色々とpg_hba.confとpostgresql.confを調べてみました。

すると、tcpip_socketという設定が無い事に気がつき、tcpip_socket = trueに
してみた所、デーモンが起動しなくなってしまいました。

それからまた調べていると、listen_addressesという設定でクライアントからの接続を
監視するという事で設定を見てみると、見事に#がついてコメントになっていました。
(要するに、デフォルト値が適用されてlocalhostのみだったと。)

そこで、範囲指定したかったのでlisten_addresses = '192.168.1.1/24'とした所、
serverlogに以下のように記録されていました。
<2008-02-11 10:21:54 JST 5046>WARNING: could not create listen socket for "192.168.11.1/24"
<2008-02-11 10:21:54 JST 5046>FATAL: could not create any TCP/IP sockets

これも失敗という事ですね。

仕方なく、listen_addresses='*'とした所、無事接続できました。

ドキュメントを見てみると、カンマで区切ってホストを追加する事で複数のホストを許可する事が
できるみたいですが、DHCPを導入しているためそんなことやってられない…。

ということで、現実解はiptablesにて拒否したいアドレスからのパケットを捨てるしかなさそうですね。

|

« Ruby on Railsを使ってみました。 | トップページ | どうやら風邪をひいてしまいました »

DataBase」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50625/40083698

この記事へのトラックバック一覧です: PostgreSQLにクライアントPCから繋ぐのって変わったのね:

« Ruby on Railsを使ってみました。 | トップページ | どうやら風邪をひいてしまいました »