« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

面接をしてきました。

今日は仕事を早めに定時で切り上げて、面接をしてきました。

相手は、CEPAのゼネラルマネージャーだそうで、
気さくな方でした。

企業ではなく、協同組合ということで、ある意味斡旋するだけ…。という
感じではありましたが、思ったよりもしっかり福利厚生の制度もあるようで、
少し安心しました。(実際にいろんな人から聞いていたことと同じでした。)

結局、「最初の業務につかない限り、組合員ではない」ということで、
とりあえず、業務経歴書を送っておきました。
(それをしないと、企業に紹介できないそうなので。確かに、経歴書も無いような
技術者にオファーなんてしませんよね)

聞こえてくる業務の話がやたら、「組み込み系」に聞こえたのが気にはなりました。


これで、「個人事業主」としてのスタートが無事切れそうです。

後は、業務内容次第…ですかね。

とりあえずは、開始日までに余裕を持たせておく事にしました。
今の会社とのやり取りやら、試験勉強の時間がちょうど取れるみたいだし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

mozartというシステムをインストールしてみた。

3月14日に予定されているstlug岡山読み会が主催(?岡山読み会が主催なんだろうか。)
の読書会に向けて、今のところ、書籍は購入したものの、特に予習もしていないので
(そんなのでついていけるのだろうか…)
とりあえず、教材だけはダウンロードしてみようと思って、
mozartをダウンロードしてみました。

とりあえず、XEmacs上で動作するシステムのようです。
マウスで選択して、メニューを選択するだけで、別ウインドウが表示され、実行結果が表示されました。

世の中にはこういう「言語」もあるんだなと思ってしまいました。

これは何で出来ているのか、気になりますが(XEmacs上だからLisp?)
その辺は読書会で優秀な技術者についていきながら聞いてみることにしようかなと
思っています。

個人的には読書会は第1回なので様子見でメインの懇親会で交流を深める事の方が
今回は初めてなので重要なのかな?と思ったりしています。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月25日 (月)

やっぱりスクリプト系は使いやすい

昨日は結局Rubyのプログラミングをやっていました。
(と言っても、睡眠時間が多くてそんなにやっていませんが)

やっぱり、1行ずつ実行するスクリプト系言語なので、コンパイルしてから
実行する言語と違って、手軽に実行できるので
動作確認がしやすいなと改めて思いました。

残業をし始めると疲労が蓄積されてしまって週末に影響が出るみたいですね。
結局、土日で25時間ぐらい寝ていたかも…。
その分、今朝はそんなに寝られませんでした…。
やっぱり残業はしないに限りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

Visual Studio 2008をインストールしました。

Visual Studio 2008 Express Editionをインストールしてみました。

ただ、インストールしただけで何もしていませんが:-P

明日は1日プログラム漬けになろうと思っているので、少し使い勝手を見てみようと思います。

色々とインターネット上を見ていると、Visual Studio 2005→Visual Studio 2008になる時に
使い勝手などが変わっているようですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

まだ風邪が治りません。

薬を昨日から飲み始めました。

いつも服薬するのはプレコール持続性カプセルです。

結構僕には合っているようです。風邪薬を飲むと昼間に強烈な眠気が襲ってくるのですが
(一度、眠気と戦っていると「怒っているのか?」といわれた事があります。
それ位強烈な眠気に誘われる薬を以前、薬局で勧められました)

何とか、咳はそんなに出ない状態で、鼻水も止まっているように思います。

薬の効果が切れた時は一気にあふれ出しますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

どうやら風邪をひいてしまいました

鼻水が止まりません…。

これはまずいと思って帰ってきました。

と言っても、仕事がたくさんあるわけでは無いのですが。

そういえば、私が開発したソフトがついに市場に投入されました。
いきなり、「仕様が運用と一致しない」という事で、仕様変更対応が
入ってきていましたが…。

なかなか、ソフトウェア開発も奥が深いですよね。

それから、FTPのレスポンスコードに「251」があるとは思いませんでした。
現在は「257」になっているそうですが、コンピュータが古い場合には「251」が
返ってくることもあるみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

PostgreSQLにクライアントPCから繋ぐのって変わったのね

以前から「ローカルからはつながるけれども、リモートからはつながらない」という現象が
ずっと続いていて、以前の日記に書いたようにWindowsにインストールをしてRuby on Railsを
動作させていました。

しかし気になっていたので、色々とpg_hba.confとpostgresql.confを調べてみました。

すると、tcpip_socketという設定が無い事に気がつき、tcpip_socket = trueに
してみた所、デーモンが起動しなくなってしまいました。

それからまた調べていると、listen_addressesという設定でクライアントからの接続を
監視するという事で設定を見てみると、見事に#がついてコメントになっていました。
(要するに、デフォルト値が適用されてlocalhostのみだったと。)

そこで、範囲指定したかったのでlisten_addresses = '192.168.1.1/24'とした所、
serverlogに以下のように記録されていました。
<2008-02-11 10:21:54 JST 5046>WARNING: could not create listen socket for "192.168.11.1/24"
<2008-02-11 10:21:54 JST 5046>FATAL: could not create any TCP/IP sockets

これも失敗という事ですね。

仕方なく、listen_addresses='*'とした所、無事接続できました。

ドキュメントを見てみると、カンマで区切ってホストを追加する事で複数のホストを許可する事が
できるみたいですが、DHCPを導入しているためそんなことやってられない…。

ということで、現実解はiptablesにて拒否したいアドレスからのパケットを捨てるしかなさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

Ruby on Railsを使ってみました。

今日はRuby on Railsを本格的に使ってやろうと思って
以前にインストールしていたRuby1.8.6とRails2.0.2でやってみました。

すると、起動する事はしたわけですが、まずDataBaseサーバの設定をしていない事に気がつき、
調べてみると、デフォルトがSQLiteだそうで、確かにインストールしていない…。

と言う事で、config/DataBase.ymlを以下のように修正してみた。
development:
adapter: postgresql
encoding: unicode
database: asagao_development
username: postgres
password: postgres
# 2008.02.03 ADD Start
host: 192.168.11.2
port: 5432
# 2008.02.03 ADD End

DBサーバはFedora8のメインマシンを使った。しかし、Connection Refusedと出る。
見事に「拒否」されてしまっている。。。
iptablesかpg_hda.confか…?と考えているうちに疲労がピークに近づきつつあったので
ローカル(Windows Vista)にPostgreSQL8.2をインストールする事に。

しかし、Vista特有の権限の問題でインストール自体難航…。
どうやら、アカウントを自動で作成してもファイルのコピーやらDataBaseユーザの設定で失敗して
しまう模様。

仕方なく、先手を打って以下の作業を行う。
1.管理→ローカルユーザーとグループでpostgresユーザを作成。
2.コントロールパネル→管理ツール→ローカルセキュリティポリシーで
  ユーザ権利の割り当てで「サービスとしてログオン」にpostgresを追加
3.C:\Program Files\PostgreSQLフォルダを作成してUsers権限をフルコントロールに設定。
4.インストーラ起動

すると無事インストールが完了。
その後、DataBaseだけは作っておく必要があるため、pgAdminⅢでCreate DataBase
と、設定ファイルを以下のように変更(接続先をローカルに変更)
development:
adapter: postgresql
encoding: unicode
database: asagao_development
username: postgres
password: postgres
# 2008.02.03 ADD Start
# host: 192.168.11.2
host: 127.0.0.1
port: 5432
# 2008.02.03 ADD End

そして、いざ、Ruby on Railsを使ってサンプルActionを起動。

やっと動いて書籍の通りに動きそうです。

Vistaだと結構苦労するんですね。。。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »